自動車保険を見直す

投稿日:

車に乗る人にとって欠かせない自動車保険ですが、なんとなくで選んだ保険にそのまま入り続けているという人もいるのではないでしょうか。
保険には色々ありますが、自動車保険にも様々な種類があります。
乗る人にとって最適な保険を選ぶことで、費用を抑えつつ充実した補償を受けられるようになります。
保険を選ぶときは色々考えなければならないので大変な場合もありますが、更新を機に見直しをしてみてはいかがでしょうか。

自動車保険とは

そもそも自動車保険の違いについておさらいしておきましょう。
車の保険には大きく2種類あり、加入が強制で必須となっている「自賠責保険」と、加入が任意の「任意保険」です。
任意保険のことを一般的に自動車保険と呼んでいます。
自賠責保険は必ず入らなければならず、車検の時には自賠責保険の保険証が必要になるので原則車を持っている人は誰でも加入しています。
最低限の補償をしてくれる保険ですが、補償の範囲や補償額も限定されているので、自賠責保険だけでリスクに対処できるわけではありません。
なので、ほとんどの場合任意保険を選んで加入し、リスクに備えるのが一般的です。
車を持っていれば任意保険にも加入していると思いますが、保険が2つあるからといって安心せず、任意保険も加入を続けることが大切です。

自動車保険の見直しポイントについて

自動車保険の見直しポイントとしては、年齢条件や運転者の範囲、車両保険や特約の調整などがあります。
年齢条件は、保険で補償される運転者の年齢のうち、最も若い年齢を限定するものですが、たとえば子供が別に車を持った場合などは子供の年齢に合わせる必要が無いので、年齢条件を変更した方が保険料を安くできる可能性が高くなります。
運転者の範囲についても、家族皆を入れていると安心ではありますが、その分リスクを限定できないため保険料は高くなります。
運転者の範囲を限定しておくと、保険料を抑えられるかもしれません。

見直すタイミング

自動車保険を見直すベストなタイミングは、生活をともにする家族の構成が変わったときです。
たとえば、大学に行くため家を出ていた子どもが帰ってきたときや、逆に子供が自立して家を出て行ったときなど、車を運転する人が増えたり減ったりするタイミングが自動車保険を見直すタイミングです。
また、車を運転する人の中で一番若い人が誕生日を迎えたタイミングなども、自動車保険を見直すタイミングとして適している場合があります。
契約が満期を迎えるタイミングでも、そのまま継続するのではなく一度は見直すようにしておくと、より適切な条件で自動車保険の恩恵を受けられるようになりますよ。