雨の日ドライブを快適にするコツ

投稿日:

ドライブ中に雨が降った時のポイント

自動車を運転しているときに困るのが突然の雨です。

オートバイと異なり、自動車は雨が降り始めたからといって体や持ち物が濡れることはないのですが、突然の雨に見舞われると視界の悪さやハンドル操作などに影響が出てきてしまいます。
自動車教習所でも雨天の運転についてはかなり詳しく指導をされるところですが、卒業して数年も経つとそこで覚えたことをうっかり忘れてしまいがちです。

そこ、で雨天時に起こることの基本中の基本についておさらいをしてみます。

乾いた地面に突然雨粒が落ち始めると、路面上のホコリなど汚れが浮き上がってくるため、非常にタイヤが滑りやすくなります。
タイヤスリップというと激しい雨が降ったときに起こるかのように思えますが、実は雨の降り始めにこそ危険があるのです。

小雨で降り始めた場合には運転席からは路面が全く濡れていないかのように見えることもあるでしょう。
いつもと同じようにブレーキを踏んだのに、思ったところで停止ができなかった、というようなことが起こってきます。
もちろん大雨になってたくさんの水が路面に溜まるとますますブレーキの利きが悪くなりますので、いつもよりも周囲に気を配り、早めにブレーキをかけるようにしましょう。

また、運転席からの視界が悪くなることに加え、周りの歩行者や自転車の注意力が散漫になるということも注意ポイントです。
傘をさしている歩行者からは車の気配が感じにくくなりますし、自転車の人は一刻も早く家に帰ろうとして周囲を気にせずスピードを出していたりします。

雨天時は歩行者や自転車がよけるだろうとは思わず、早めにこちらから避けるように気をつける必要があるのです。

ドライブ前のメンテナンス

長距離ドライブに出かける時には、途中で雨が降った時のことを考え、しっかりメンテナンスをすることが大切です。

雨天に備えるメンテナンスとしては、まずタイヤの溝のチェックがあります。
タイヤの溝は雨天に関係なくメンテナンスの必要がある項目ですが、特に雨が降ったときにその安全性が大きく関係してきます。
タイヤの溝が減っていないかを確認するとともに、亀裂がないかや空気圧が適正かということもチェックしましょう。

案外見落としがちなのがワイパーです。
ワイパーは、雨が降った時に視界を確保するため非常に重要な役割をしますが、普段使っていないと劣化していることに気が付かないものです。

ワイパーはゴムでできていることから、使用をしていなくても自然に劣化をして、ひび割れが起こるようになってしまいます。
出かける前には傷みがないかを調べ、必要に応じて交換をするようにしましょう。
できればシーズンごとに買い換えるようにしておくと安心です。